モンクレール(Moncler)のジャケットと聞いて人々がイメージするブランドの代表格、ダウンジャケットだろう。

モンクレールのダウンジャケットは今や、世界でも有数のアイテムとして多くの海外セレブや著名人にも愛用されている。

オリンピックのナショナルチーム公式サプライヤーとしての歴史も誇るモンクレールのダウンジャケットは、超厳選素材を採用し職人の手によって一つ一つ丁寧に仕上げられた品質と抜群の機能性もさることながら、その人気を世界レベルに押し上げる求心力として高いデザイン性も大きな役割を果たしている。

いくつかの関連ラインを有するモンクレールでは定番のダウンジャケットから、モンクレール・ガムブルーなどから発信するかなりファッション性の高いタイプのものまで、シンプルでありながらもハイスタイルデザインのアイテムを数多くリリースしている。既存のダウンジャケットのイメージとは異なるタイトなシルエットが、総じて着膨れし野暮ったい印象になりがちなダウンジャケットをすっきりとした上質な大人のタウンウェアへと進化させたのだ。

以下、いくつかモンクレールのジャケットを紹介しよう。

<モンクレールのジャケット ラインナップ>

●Moncler 2017年春夏新作 モンクレール トレーナー トラックジャケット(ネイビー)
ブランドアイコンでもあるトリコロールの縦ラインを中央に走らせたシンプルかつ大胆なデザインが印象的な2017年 モンクレール 春夏新作トレーナージャケットのセットアップ。左腕にもトリコロールワッペンがあしらわれており、遊び心あるディテールもモンクレールのジャケットならでは。セットアップとしてそのままカジュアルに着ても、それぞれにフォーマルなアイテムなどとコーディネイトして少しくずした大人のおしゃれを楽しむのもいいだろう。

● MONCLER GAMME BLEU モンクレールガムブルー ダウンジャケット キルティングジャケット(ネイビー)
フランス語で「青のライン」を意味する「ガムブルー」をブランド名に加えた モンクレールガムブルーは2008年よりデザイナーにトム・ブラウン(Thom Browne)を迎えスタートしたコレクション。先鋭的かつモダンな感性とトラディショナルなモンクレールのキルトジャケットの融合により生み出される世界観、クチュール感あふれる華やかさとこだわりのディテール、フィッティング性など上質なファッションを提案するこの個性派ラインらしさが詰まった一着。
鹿の子地のシェルに光沢生地のトリコロールカラーのストライプ。ポケットと裾のリブ使いや、各所にあしらわれたブランドロゴ入りボタンなど、細やかなデザイン性はさすが。丈感もやや短めとなっており、ファッショナブルな着こなしを演出してくれる。

●MONCLER GAMME BLEU モンクレール ガムブルー GIUBBOTTO ジュポット ナイロンジャケット(ネイビー×シルバー)
こちらもモンクレール ガム・ブルーらしいスタイリッシュなナイロンジャケット。軽量でシワになりにくいナイロン素材はネイビーとシルバーのストライプ柄がカジュアル感を漂わせながらも洗練された大人の品格を醸し出す逸品。裏地は通気性の良いメッシュ地で季節をこえて使いやすい仕様となっている。
もちろんガム・ブルーならではのディテールのこだわりも其処此処にあしらわれている。
腕周りには定番のロゴワッペン、金属製で高級感あるボタンやファスナーにはブランドロゴが刻印されている。
また、機能面では袖に幅を二段階調整可能なストラップ、サイドには大きめのジップアップポケットと、一枚でアクティブに動ける工夫がさり気なく仕込まれている。