モンクレールは1952年フランスで設立し、今や世界的なプレミアムダウンジャケットブランドとして海外セレブをはじめ、多くのファッション愛好家たちに支持されているブランドだ。

モンクレールは主にエレガントな高級感あるダウンジャケットで知られるが、モンクレールのポロシャツなどその他のファッションアイテムも上質な素材と独自のこだわりや世界観で高い人気を誇っている。

モンクレールのポロシャツはブランドイメージそのままに、その上品さとスタイリッシュで洗練された仕様になっており、品質・デザインとも最上級ラインのポロシャツと言えるだろう。

1980年代以降、モンクレールのダウンジャケットは世界のセレクトショップで扱われるようになり、それとともにモンクレールのポロシャツなどのラインナップも拡大していく。
もともとアルピニスト仕様として製造された品質とそれまでのダウンジャケットにはなかったデザイン性を兼ね備えたモンクレールのポロシャツなどのアイテムは、ビジネスからタウンカジュアルまでコーディデートを網羅するファッションアイテムとして全世界で知られるブランドとなった。

その後、ヨーロッパをはじめ日本においてもセレブ御用達のプレミアムファッションブランドとして認知され、現在そのゆるぎない地位を確立している。

モンクレールのポロシャツはシンプルなベーシックデザインが特徴的。
また品のあるデザイン性はもとより、モンクレールブランドならではの、たしかな品質とその着心地で愛用しているという人も多い。

ともすればカジュアルになり過ぎたり、限定的なスタイルになりがちなポロシャツだが、
モンクレールのポロシャツはデザインはいくつかのパーツにラインが入る程度であくまでシンプル。スタイリングを邪魔せず、幅広いコーディネートに対応しやすい。
モンクレールのポロシャツは一般的なポロシャツと比べて価格も高価にはなるが、それだけの金額を出す価値は品質、デザインとも十分に兼ね備えたアイテムだろう。

メンズ・レディース問わず上級感があり、洗練された大人のなおしゃれ感を楽しめるモンクレールのポロシャツだが、デザインの特徴にはメンズとレディースとで少し違いがある。飽きのこないベーシックでシンプルなデザインを基調とするもの多いメンズと比べ、レディースのモンクレールのポロシャツはよりデザイン性を重視したものが多くなっている。

モンクレールのポロシャツはシンプルさを基調としながらも、こだわりのあるディティールデザインが特徴的なレディースでは、一見シンプルなようでさり気なく入っている模様が入っているなど、あくまでスタイルを邪魔しない品の良さを持たせつつも、こだわりあるディテールがコーディネートパターンを問わず、大人のおしゃれに特別感を与えてくれる。
モンクレールのポロシャツはモンクレールらしいラグジュアリーな趣の中にも遊び心があり、ワンランク上のおしゃれで差をつけたい大人の女性に人気のアイテムだろう。

<モンクレールブランドの特徴>
モンクレールはフランスで発祥し、現在はイタリア・ミラノに本社をかまえるプレミアムファッションブランド。ブランド名は仏・グルノーブル郊外の「Monestier de Clermont(モネステ・ド・クレァモン)」の地名を組み合わせた造語を由来としている。c

フランス人で初めてヒマラヤ登頂を達成したアルピニスト、リオネル・テレイをアドバイザーに迎え、素材と製法、デザインにこだわり品質改良を重ね、登山家にも通用する世界でも最高級のダウンジャケットブランドとして人気のブランドとなった。

モンクレールのダウンジャケットはフランス規格協会認定のグース産毛を使用し、職人の手で一つ一つていねに作られるため、大量生産ができず、非常に高価なプレミアムダウンジャケットとして広くその名を知られている。

また、きれいめでタイトなシルエットを特徴としたダウンジャケットは、定番素材以外にもウールやツイードなど、よりファッション性の高い素材をもちいたアイテムも人気がある。