モンクレール(MONCLER)は1952年にフランスで設立され現在はイタリアに本社をもつ、ヨーロッパの上流貴族や著名人、男女問わず世界中の人々に愛される最高級ダウンの老舗ブランド。

モンクレール・ヒマラヤ(HIMALAYA)はブランド設立以来、これまで様々なラインをリリースしてきたモンクレールの中でも、タウンユースにフォーカスして作られた定番のモンクレール・バジーレ(BAZILLE)を進化させベストセラーとなった人気ライン。

のちにモンクレールの人気ラインに加わるモンクレール・マヤ(MAYA)はこのモンクレール・ヒマラヤをさらに進化させている。

その品質は、もともと一流アルピニスト用に提供してきた面影を残しつつもタウンコーディネートに使いやすく改良されていることを特徴とするモンクレール製品だが、モンクレール・ヒマラヤもまさにその一つだ。

モンクレール・ヒマラヤの特徴は細身で短めの着丈、モンクレールのブランドアイコンともいうべき左腕のポケットについた大きく存在感のあるロゴワッペン。また上品な艶感のあるシャイニーナイロンとすっきりとしたシルエット。そしてモンクレール・ヒマラヤのもう一つの特徴ともいえるフードだ。

このフードは頭をすっぽりと覆い着脱することが可能。それによりモンクレール・ヒマラヤを二通りのスタイルで楽しむことができる。

モンクレールのスタンダード商品としても知られるパーカーやダウンジャケットのフードはファッションアイテムにより活動的な若々しさをプラスし、その見た目の印象を大きく変えることができるファクターであり、モンクレール・ヒマラヤの大きな特徴といえるだろう。

モンクレール・ヒマラヤのダウンジャケットは超軽量で街着を意識した作り。

バジーレと比べてフィット感にさほど変わりはないが、ディテールに様々な違いが仕込まれている。例えば、腕のポケットのステッチ幅がバジーレより太めになっていたり、腕のロゴも大きめなデザインになっている。ロゴを大きくすることでファーストインプレッションがより強調され、誰もが一目で「ブランド」を認識できる効果をもたらしている。

バジーレよりいくらかタイトなシルエットで、フードを外せば丈は若干長めだがモンクレール・エベレストのような着こなしも可能だ。

モンクレールのダウンジャケットは広い支持者層の中でもとりわけ、40〜60代のビジネスマンにその愛用者が多いといわれる。もともとモンクレールのデザインがそれまでのダウンジャケットと比べすっきりしたシルエットだったことに加え、近年さらにタウンユースを意識したタイトなデザインが多くなったことで機能性と高級感を兼ね備え、よりスマートにスーツスタイルとのコーディネートが可能になったことがその理由の一つだろう。

モンクレール・ヒマラヤのほか、K2やエベレストなどはモンクレールの中でも最もタイトなデザインのモデル。肩幅や身幅が狭くなっており、短めにとった丈と、やや長めの袖でバランス良く見える作りになっており、モダンなシルエットを実現。トレンドアイテムとのコーディネートもさりげなくきまる。

モンクレール・ヒマラヤをはじめ、モンクレールのダウンジャケットの着心地は一度それを身につけた者にとって他の追随を許さぬ唯一無二の存在となる。デザインがそれなりに良いアイテムを取り扱うブランドは他にいくつもあるが、最高級グースの産毛を使用し熟練した職人の手で丁寧に作られたモンクレール製品はその包み込むような暖かさと着心地を経験した瞬間、人々にその真の値打ちを知らしめるのだ。

それがモンクレールが長きに渡り世界中で多くの愛用者の心を掴んで離さない大きな理由の一つだろう。