モンクレールの歴史をご存知でしょうか。その歴史はフランスの田舎から始まりました。

モンクレールは、1952年、レネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンの二人の創業者によって、フランス・アルプスグルノーブル郊外の小さな村のMonestier de Clermont(モネステ ド クレァモン)でテントやシュラフといった登山家の商品を製造する会社として創業しました。ブランド名はその地名の一部である“MON”と“CLER”をあわせて Moncler(モンクレール)と名づけられました。これがモンクレールの歴史の始まりです。

そしてモンクレールブランドの代表となったダウンジャケットは、 工場で働くスタッフの防寒用に作った手足を出せるシュラフが原型と言われています。

そしてこのモンクレールのダウンジャケットが世界的に知られるようになる歴史的きっかけが、フランス人として初めてヒマラヤ登頂に成功した世界的なアルピニストLionel Terray(リオネル・テレイ)です。創業者の2人は彼からさまざまなアドバイスやインスピレーションを得て、軽量であり、保温力、機動性に優れたダウンウェアを開発しました。そして、1954年のイタリアのカラコルム登頂隊、1955年のフランスのマカル登頂隊、1964年のアメリカ・アラスカ遠征隊などに登頂装備を提供したことにより、世界の登山家にモンクレールの名前が知られていきます。さらに1968年、地元のグルノーブルで行われた第10回冬季オリンピックの フランスアルペンナショナルスキーチーム の公式ウェアとなり、モンクレールは世界的に知られるようになったのです。また、このオリンピックからモンクレールのシンボルマークがフランスの国鳥である「オンドリ」になり、商標として使われるようになりました。

そして、1980年代には、体の線を美しく見せるシルエットのデザインや、ファーやレザーなどを使用したセレブリティ溢れるデザインのものなど、ダウンジャケットのファッション性を高め、モードの新たな風を吹き込み、モンクレールのブランド力が一層高まりました。登山家やスキーヤーなどに高品質のダウンジャケットを提供してきたモンクレールはパリのセレクトショップなどで扱われるようになっていったのです。現在ではパリ・コレクションのランウェイにも登場しているお墨付きのハイブランドです。

今日に至っても世界のセレブに愛されるダウンジャケットのブランドとして君臨するモンクレール。

モンクレールのダウンジャケットはホワイトグースの産毛だけで作られています。そしてなんといっても仏企画協会が最高品質のダウンであることを認めるキャトルフロコン(4Flocons)マークを取得しています。また、全てのモンクレールのダウンジャケットには、このキャトルフロコンが表記され、モンクレールの熟練職人による長年の経験から、ダウンジャケットの各部位に最適な重さが的確に1gごとに決められています。

キャトルフロコンのダウンのみを使用した、職人による手作りのハイクオリティなモンクレールのダウンジャケットは価格も高いものが多いですが、それだけの価値がある商品といえるでしょう。

2001年からはモンクレールの代名詞ともいえるダウンジャケットのほか、ポロシャツ、Tシャツ、バッグやアイウェアなども発表し、冬だけではなく1年を通して着用できるファッションブランドになっています。

そんなフランスで創業したモンクレールは、特にイタリアで大人気となり、日本でも、ドラマやCMでキムタクがモンクレールのダウンジャケットを着用したことにより、大ブレイクを博し、モンクレールのブランド名が知れ渡りました。